仕事に飽きてしまうこともある?ルート配送のデメリット

ルート配送はこんなお仕事

ルート配送はトラックドライバーの業務の一種です。運ぶ荷物や配送先は毎日同じで、通るルートや届ける時刻も基本的には同じになります。コンビニやスーパーに商品を届けているトラックを想像してもらえれば、イメージは掴みやすいでしょう。配送先の増減や荷物に変化がない限り、仕事内容は毎日同じことの繰り返しなので、ルーチンワークが好きな人に向いている職業だと言えます。

ドライバーは勤務時間の大半を車両の運転に費やすので、車の運転が好きな人にも向いています。また、運転中は一人なので、周りに気を遣う必要がありません。人間関係に疲れを感じやすかったり、コミュニケーションを取ることが苦手な人は、一人作業に魅力を感じるのではないでしょうか。終了時間が毎日ほぼ同じになるため、なるべく残業を避けたい人にもおすすめです。

ルート配送の主な一日の流れは、出社後の各種点検から始まります。アルコールチェック・車両チェックなどを済ませたら会社を出発し、配送開始です。一日かけて数十件の配達を済ませると、荷主の会社へ戻り、配達先から回収してきたカゴなどを降ろします。トラックが空になったら翌日配達分の荷物を積み込み、会社に戻って日報を記入したら業務終了です。

ルート配送はここがしんどい

人によってはルート配送のメリットをデメリットだと感じてしまうかもしれません。毎日同じ作業を繰り返すことになるので、一度仕事に慣れてしまえば、その後業務内容に新鮮味や真新しさを感じる機会は恐らくないでしょう。自信を持って業務を全うするために、仕事に慣れることは重要です。しかしあまりにも単調なため、刺激的な発見や難題に挑戦する面白さを仕事に求める人は、すぐに飽きてしまうかもしれません。

朝が早いこともデメリットの一つです。ルート配送は早朝から行うことも多く、街がまだ寝静まっている時間帯に業務開始となることも少なくありません。朝が早い分終了時間も早くなりますが、一般企業に勤める人とはずれた生活リズムを強いられることになるでしょう。他のトラックの集荷作業を手伝わなければならないこともあるので、勤める会社によっては拘束時間が非常に長くなることもあります。

一人で作業する時間の多さも、人によってはデメリットとなるでしょう。同僚とコミュニケーションを取れる時間は、出発前と帰社後に限られます。そのわずかな時間も何か作業をしながらになることが多いです。孤独に耐性がない人にとって、ルート配送の仕事は厳しいものとなるでしょう。