ルート配送に必要な免許は?重宝される資格について

ルート配送はどういう仕事?

ルート配送は「物」を運ぶ仕事です。個人の家や会社、お店などに商品を配送したり、依頼を受けて荷物を集荷にいったり・・色々な物を運びます。配送、集荷する「物」は資材だったり、飲食物だったり、ルート配送の会社によって様々です。配送はトラックなどを利用しますが、利用する車によっては大型免許など、免許を取得する必要も出てきます。ルート配送の仕事に就きたいと思っている方は、前もって必要な免許を取得しておけば採用される率も高くなるでしょう。 昼の仕事もありますし、夜の仕事もあり、またルート配送の会社によってはシフトを組み、昼、夜両方業務することもあります。配送の距離に関しても配送するエリアが決まっていて、そのエリア内で業務する仕事です。昼の業務なら、朝出勤しアルコールチェックや健康チェックなど行い、その日のスケジュールを確認してから配送、集荷に向かい、トラブルなどがなければほぼ定時に帰宅できる仕事となります。 技術や知識が必要な難しい業務ではなく、ルート配送の会社が必要とする車の免許を保有していれば業務可能な仕事です。運ぶ荷物の種類によっては繁忙期もありますが、車の運転が苦にならない人におすすめの仕事といえます。

ルート配送業務で働くメリットとは

長距離運転が必要な配送業務の場合、配送先までは誰と話すでもなく長い時間一人で運転するのですから、居眠りなどしないように集中力も体力も必要です。長距離ドライバーは2日かけての配送も珍しくないので、一人で孤独に長時間業務するのは大変でしょう。しかしルート配送の場合、エリア内のお客様のところへ荷物を運ぶ業務なので、個人宅、会社など色々な人とコミュニケーションをとる事ができます。 長距離トラックの運転手さんのように長い時間拘束されることもありませんし、シフトのない会社ならほぼ決まった時間で業務が終了するので、生活のリズムが乱れることも少ない仕事です。荷物によっては力仕事となるため体力的に厳しい業務もありますが、会社の休業日、若しくは自分のシフトの中でしっかり休むこともできるので、家族との時間や趣味の時間などに費やすこともできます。 昔はエリア内の道に詳しくないと、慣れるまで大変だという声も聞きましたが、最近はナビ付のトラックを利用している会社も多くなり、エリア内の道に詳しくなくても安心して働けるようになっています。最初の内は先輩と2人1組で仕事をすることが多いので、ルート配送の仕事の経験がない方にもこの仕事はおすすめです。